what is chro?

CHROとは

CHROとは

CHRO(最高人事責任者)とは、経営者の持つビジョンを表出化し、人・組織の側面を通じて具現化する役割をもつヒトです。経営戦略と連動した組織戦略をつくり、必要なことを判断し、タイムリーに実行する。経営者ともにビジョンの実現を追求しながら、コミュニケーションの司令塔として社内のあらゆる立場の人をつないでいくことが職務です。

人事部長とCHROはどう違うの?

人事の責任者という点では重なっています。ただしCHROという役割りで特に重視されるのは、常に経営戦略の傍らにあって「次の一手」を可能にする人・組織づくりの責任者という点です。またCHROはポジションではなく機能であるということも大きな違いです。そういう意味で、会社によって人事部長=CHROの場合もありますし、副社長がCHROを兼任する場合もあるかもしれません。
たとえば事業の成長を見据えた人員計画をつくり、どのタイミングでどのような採用や育成を行うかを設計。あわせて組織体制づくりやマネジメント支援、キャリア開発から労務管理まで、自社流の一貫した思想で組み立てていくことが、CHROという機能には含まれます。人事部長も同じ領域を管轄しますが、CHROはより戦略レベルに重点を置いた機能です。「人の側面」で必要なあらゆることを言語化、施策化、計画化していく思考が求められてきます。

CHROと人事部長

CHROは本当に必要な役割なのか

事業の成長には「人」が欠かせません。CLUB-CHROではスタートアップ企業や、成長期のベンチャー企業の課題や施策をテーマにしていますが、成長期企業こそ、速いスピードで人や組織に対する打ち手が必要になります。
それは経営者の考える世界観がいかにすごくても、具現化する組織がないと事業の実現ができなくなる、というシンプルな理由からです。ひとりの経営者がすべてをになっていくことも可能ですが、見られる範囲は限られていますので、スピードが鈍る可能性があります。つまりCHROは経営と二人三脚になってビジョンを具現化する組織づくりを進めていくために必要なのです。
また、人の集団である組織は“生き物”です。常に手を入れていかないと予測外のことが起こり得ます。モチベーションの低下は組織力の低下につながり、労務問題は経営リスクなります。一方で、経営陣と従業員の間に密なコミュニケーション機能があることで、皆が同じベクトルを持ちながら力を発揮できる割合が高まります。CHROは組織が活性化し続けるための機能としても必要なのです。

CHROの役割

CHROに必要とされるスキル

CHROに必要なスキル・知識・経験として、高い専門性だけを求めるのではありません。労務面の知識、採用のノウハウ、コミュニケーションを円滑にするスキル、制度設計の経験などがあればベターですが、専門知識のあるメンバーとチームを組むこともできます。またなにより必要なことは、自社事業への深い理解があること、経営陣と同じ視座を持つことです。

CHROに求められる資質

事業理解や経営的視座を持たないと、必要な人材像や組織設計の勘所がずれてしまう可能性があります。自社で活躍できる人材の採用に向けて、また本当にフィットする制度設計を進めるうえで、現場の事業動向と経営の方向性と、両方にアンテナをたてておく必要があります。

経営戦略に沿った組織戦略を立案し、実行していく際には、経営への提案、事業部への説明、時には従業員一人ひとりとの面談など様々なコミュニケーション場面が生じます。説得や交渉、納得や共感を得るための場ですが、こうした場面で必要なのは“自分の言葉で話す”ことです。考え抜いて熱意をもってその場に臨んでいるかどうかが問われてくるのです。

描いたとおりには進まないことも無論出て来るでしょう。一つのやり方だけで難しければ他のやり方も試してみる、そのために社外ネットワークを持って最新情報をキャッチし続けるのも必要です。チャレンジするビジネスリーダーとしての行動も大いに期待されます。