[対談#4]新規事業と新規事業のマネジメント―長本英杜♯4

最近話題の北欧企業と関わることも多く、2014年12月にスウェーデン流グローバル成長戦略を出版された株式会社NGK(日本元気化計画)代表取締役社長の長本英杜さん。ミドルマネジメントについてどんなことを感じ「どうすればいい」と考えているのでしょうか。北欧企業の文化面の一端が語られる対談をおたのしみください。

熱いぜ!ミドルマネジメントとはみどり会の冊子企画として生まれた”ミドルマネジメントへエールを送る”をテーマとして毎月開催される対談企画。対談の様子を全文テキスト起こしで掲載しています。(取材、撮影:平世将夫)
長本英杜さんのプロフィール
株式会社NGK 代表取締役社長、中小企業診断士。スウェーデン商工会議所会員。
1964年生まれ。慶応義塾大学卒業後、大阪ガス株式会社入社。1998年中小企業診断士としてプロセスマネジメント研究所を主宰。2000年大阪ガス子会社の京都リサーチパーク株式会社EBSセンター所長就任。
2006年、株式会社NGK設立、代表取締役就任。上智大学コミュニティカレッジ「チェンジマネジメントの理論と実践」講師。著書にスウェーデン流グローバル成長戦略

単線型のキャリア、画一的な価値観のもとで働くことってなくなっているでしょ。

宮嶋 僕らの時代は金融機関に入るってことは、安定か、地域経済に貢献したいってお題目で入っていくんですね。「本当にできるかなぁ」と思っていたら、そういう世界じゃなかった。たぶん、都市銀行も同じだと思うんですけれども、どちらかといえば不動産融資の回収とか、融資先の社長が亡くなってしまったとかですね、そういう案件が多かった時代だったんじゃないかな。

長本 当時は尚更そうかもしれないね。

宮嶋 先ほどの仕事観がないって話、世代論で括っちゃうのも変かもしれないけれど、仕事で何かを達成したという感覚。やり切った感がない世代なのかなと思ったりするんですよね。

長本 なるほど。

宮嶋 僕はたまたま自分で会社を起こしたからそういう経験をすることが出来ました。先日、銀行時代の同期に会ってですね、もうそろそろ支店長になるような年代なんですが、じゃあ彼らが本当にダイナミックに何かに役だっているかっていうことを体感しているのかなぁと思ったりもしてですね…また話がまとまんなくなってきたんですけど(苦笑)

IMG_1396
長本 いえいえ。

宮嶋 最初に入社した企業での体験がその後のビジネス人生の方向性を決めるということがあるのだとしたら、あぁいう経験を最初にしてしまったが故に、“何のために働くのか”ってところが見えなくなっていることに影響を与えていることがあるのかなぁと思うんですね。

長本 なるほどね。それでいうと逆にね、今の若い人たちってそれを超越しているんじゃないかなと感じるんですよ。

宮嶋 もっともっと下の世代ってことですね。

長本 はい。今はもう単線型のキャリアとかなくなっていますしね。趣味に生きるやつもいるだろうし、画一的な価値観のもとで働くことってなくなっているでしょ。

宮嶋 はい。

長本 いまの若い人たちって「こうでなきゃいけない」みたいな考えはないんじゃないかな、という気がしますね。そういう人たちをね、真逆の価値観で育ってきた、つまりバブル経済期の残影を追っちゃっているような世代の人たちがどうマネジメントするのかっていうのは、難しい課題なのは確かですよ。

宮嶋 そうですね。

幻想を話すより、自分がどういう働き方をするのかっていうことを考えたほうがいい

 

長本 マネジメントするには、まず自分が変わらないといけないですよね。

宮嶋 ミドルマネジメント側が変わらないといけない?

長本 はい、変わらないといけないですね。別に昔のことを追っかけてもどうしようもないじゃない。60代の人が体感してきた高度成長時代もそう、50代が経験したバブル経済の頃もそう。体験してきた、見てきた昔のことを追っかけても仕方ないわけですよ。

宮嶋 「あの頃はさぁ」ってのはよく聞くセリフですものね。

長本 そういう幻想を話すことよりも、自分がどういう働き方をするのかっていうことを考えたほうがいいんじゃないですかね。

宮嶋 確かに。僕も事務所経営をしていて、20代の子とかが応募してくると「どうしてウチに来たの?」ってまず思うんですよね。ここにいる動機っていうのはみんな違う、お給料、キャリアパス、資格取得に近いとか。例えば資格をとった上での社会的地位が分かりやすいとか。

長本 はい。

宮嶋 人それぞれ色々な動機があると思うんですけど、それを束ねていくのが、僕がすべき仕事。色々な動機があってここにいるんだけれども、ここで仕事をしてお客さんに喜ばれる、喜んでいただくために何をすべきかというのをまとめあげるのが仕事かなと思います。故に、おっしゃった通り、自分たちの過去こうだったっていう執着を一番捨てないといけないのは僕らなのかな。

長本 そうですよね。まぁもっと言っちゃうと一番のネックは我々のそのさらに上の世代ですよね。もう古いです。

宮嶋 僕から見ると、華やかでいいんですよねー。

長本 えぇー。うーん(苦笑)

前田 わはははは(笑)

宮嶋 華やかで、かつ新しいものをつくっていくパワーがあるように思うんですがね。

長本 いや、退場せなあかんと思いますよ。ただ、退場しなきゃいけないけど、いままで培ったノウハウを伝えること、伝承はしないといけないと思う。それはもう政治家も、経営も、歳を重ねた人は次世代に譲って辞めるべきだと思いますけどね。

IMG_1375

若い人が意見を言えるような場、モチベーションあがる仕掛けが必要なのです

宮嶋 ちょうどその世代の方が仰っていたことで覚えていることがあって。「カッコいい大人っていなくなったんだよね」って言っていたんです。「カッコいい大人から僕らは学んできたけれども、僕らはカッコよくなってないよね」と仰っていて。

長本 うん。

宮嶋 ということは僕らの世代はもっと分かんないよねって話で。“カッコいい大人って何なんだ”ってそもそもの定義が曖昧だって事はありますけど、もしかしたら”自律している“とか”意思決定が自由にできる“っていうことがカッコいい大人の前提なのかな。

長本 はい。

宮嶋 自律した大人”っていう表現になるんですかね。やったことに対しても責任をもつ。それがゆえに「自分で自由にさせてくれ」って事に繋がるのかなぁ…。だんだん質問から離れていってしまって恐縮ですけど(笑)

前田 僕らはメンバー層に対して文化的なギャップを感じているんですよね。

長本 若手層から学ばないといけないことが沢山あるんですよ。きっとそうじゃないかな。

宮嶋 そこの一言ですね。

長本 もっと真摯に学ばないといけないんじゃないですかね。アイデア発想とかさ。発想法でスウェーデンのゲームとか輸入したりとかしてきて色々と僕なりに学んだことは、やっぱり赤ちゃんが一番イノベーティブなんですよね。

宮嶋 ほう。

長本 純粋な状態でいれば、初めて見たもの見たものが新しいわけじゃないですか。アイデアっていうのは、そんな突飛なものが産まれるわけではなくて。メタファー的な、これを別のものに変えたらどうなるかとか、捻ってみたらどうか、横からみたらどうかとかね。

前田 複数視点をもつことですね。

長本 うん。それも1つで、そういうことよって新しいものが産まれたりするじゃないですか。例えとしての赤ちゃんって全てのものに対して新鮮さを感じているじゃないですか。だから赤ちゃんの目をもつことができたら、何からでも学べるはずなんですよね。

宮嶋 なるほど。先入観を取り払うことにも繋がりますね。

長本 そういう視座からすれば、歳を重ねた人よりも若い人の方が、イノベーティブであるし、世代が変わる、世の中の価値観が変わるパラダイムシフトの時期だとかね、いつか未来に「あの時代が変わり目だったな」みたいなことが起きるわけですから、やっぱり若い人から学ばないといけないと思います。

前田 なるほどねぇ。

長本 だから、若い人が意見を言えるような場をつくるとか、彼らがモチベーションあがるような仕掛けをしてあげるとか必要なんですよ。僕は元々「組織が元気だと個人も元気だ」という立ち位置なんですよね。無理矢理元気になれー!みたいな話じゃなくてね。元々は元気なはずなんです。免疫力があるわけだから、元々人間って元気なはずなんじゃないかと。

宮嶋 はい。

活力があるのは、既存組織のなかから新規事業がでてくる企業

長本 病気になったら薬漬けにしちゃって、かえって元気がなくなるとかあるじゃない。無理矢理ダイエットして元気なくなるとかもね。

宮嶋 うんうん。

長本 新規事業と新規事業のマネジメントという話に戻りますと、以前は新規事業を立ち上げるケースでは既存の組織から離れた組織としてインキュベートしましょうというケースが多かったんです。

前田 特別プロジェクト的な位置づけはよくあったパターンだよね。

長本 そう。いまでもそのいう取組方、考え方はあるとは思う。でも見方を変えると、組織を分離させることなく、既存の組織のなかから新規事業がでてくるような組織はすごく活力があるんですよね。

宮嶋 プロジェクト化すると、いかにも「さぁ、インキュベーションしよう」というノリになりますね。

長本 うん。それで果たしてインキュベーションできるのか?という疑問は残る。

前田 うんうん。

長本 本来は、いまの業務から課題を解決するアイディアが産まれてくる、あえて組織を分離させることもない状態でインキュベーションができる仕組みと仕掛けをつくった方がいいんだけど、わざわざ組織を分けてつくらないといけないような状況になっちゃってるみたいなところがあると思うな。

宮嶋 はい。

長本 多田富雄さんという免疫学者の方がいたんです。(注:東京大学名誉教授)。残念なことに既にお亡くなりになられているんですが(注:1934年-2010年)。多田教授が仰っていたことで、免疫学上最大の発見は、菌が身体に侵入してきたときにって、抗体がやっつけますよね。それ自体は普通の行為なんです。その作用として発熱したりするです。

前田 無理して熱を下げちゃいけないということは聞いたことあるね。

長本 うん、でね。その抗体のなかに、菌が侵入してきたら外敵である菌を包み込んでしまうという抗体があるという話なんです。

宮嶋 抵抗ではないんですね。

長本 そう。やっつけるんじゃなくてね。で、これは免疫学的トレランスっていうんです。「寛容」ってトレランスってこと。免疫学的寛容さという言葉でね。副作用のない薬とかを開発していくきっかけになった発見だったんです。多田富雄さんは晩年、脳梗塞になって一命は取り留めたんですが、声を失い、右半身不随になってしまって。

宮嶋 はい。

長本 半身麻痺になって、言葉がしゃべれず機械を介して喋られるようなことをやられてから、研究活動を辞められて著作活動を続けるんですよね。そのあと多田さんは、「自然科学とリベラル・アーツを統合する会」ってのを設立されて。

自分の仕事観をもつということ に続く)