最後に残るのは人格です-(鼎談)島田潔医師

第3回目の「熱いぜ!ミドルマネジメント」はゲストに日本の訪問診療の基礎を作り上げた板橋区役所前診療所院長の島田潔医師をお迎えしました。人生の最後に残るのは人格、人間性。なんとなく「そうだよね」と感じた事を「なぜなら」と理解するために医療最前線からの事例をベースに鼎談は進みます。どうぞおたのしみください。

熱いぜ!ミドルマネジメントとはみどり会の冊子企画として生まれた”ミドルマネジメントへエールを送る”をテーマとして毎月開催される対談企画。対談の様子を全文テキスト起こしで掲載しています。(取材、撮影:平世将夫)
島田 潔さんのプロフィール
医師、板橋区役所前診療所院長/医療法人社団 平成医会理事長
帝京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院内科研修医。その後、東京都老人医療センター(現 健康長寿 医療センター)心臓血管疾患集中治療室。「自宅に医療を届ける」ことの重要性を認識し、再入院を予防する「医療部隊」を地域に展開することを目的に1996年「板橋区役所前診療所」を開設。介護保険制度の発足以降はヘルパー事業所やケアマネ事業所、訪問看護ステーション、 通所事業所などの開設運営を手掛け介護保険制度にも精通。2006年、制度化された「在宅療養支援診療所」の名称と届け出要件は島田の考案による。 厚労省の依頼で国際医療福祉大学大学院高橋泰教授と共に制度設計を手掛けたものが採用され、今日の在宅医療の普及と発展に繋がる。 地域在宅医療を手掛ける診療所として全国でも有数の規模を誇る。2013年精神科専門医が企業のメンタルヘルスを全面的にバックアップすることを目的に医療法人社団平成医会を設立。
 

「ありがとう」と「すまないね」が言える人

島田 やっぱり人間的に可愛らしいんですよね。「ありがとう」と「すまないね」ってこの2つの感謝と労いの言葉がすらっと言える人。ぜーったい大事にされるんです。老人ホームに入ってもまったく一緒ですよ。高い老人ホームに入ったから幸せなわけじゃないんですよ。同じホームに入っていても大切にされる人と大切にされない人がいるんですよ(笑)。なんとなく分かるでしょ。嫌なヤツは嫌ですよ(笑)。介護スタッフだって人間だもの。
宮嶋 わかります、わかります(笑)。
島田 そうじゃない人もいるんですよ。いばり散らしたり、全てを処分して老人ホームに入っているはずなのに「俺は偉かった」みたいな話をね、振りかざしたりしていたら・・・(笑)、想像つくじゃないですか。銀行預金はあるかもしれないけれど、そんなの行使できないじゃないですか、老人ホームでは。そんなこと言っても誰もついていかないですよ。もし老人ホームに入居せずに街に残っていたら、もう少し幸せかもしれないですね。でもそれは真の幸せではないかもしれないけれど、お小遣いとかあげたりとかね。
前田 そりゃそうですよね。

島田 ぼくらの日常でも、営業先だから多少何かあってもおつきあいするとかありますよね。介護保険を利用してサービスを受けている時に、お世話になった人にお金を渡したら法律上ダメですから受け取りませんよ。でも近所の人が買い物してきてくれたら、”ありがとね!“ってその度にお小遣いを渡していたとすればやってくれるでしょ。だからそういう人は行く場所を間違っちゃったんだろうね。毎月老人ホームにお金払っているくらいだったら、そのお金を違う人にあげていれば自分が満足する世界をつくれますからね、ホントは。だから孫にしょっちゅう小遣いあげてるってそれじゃない。

島田潔

宮嶋 なるほどなるほど!
島田 正しいお金の使い方、貯め方。あと使えるような環境設定をどうするかっていうことはちゃんと考えていかないと。
宮嶋 いい組織といい家が一緒だ、っていう視点は面白いですね。
前田 面白いというか、耳が痛いです(笑)。

宮嶋邦彦
宮嶋 じつはぼくも痛い(笑)。で、話をぐっと戻しますとミドルマネジメント層の方々は、まだ自身が介護問題に直面しているのではなくて。もしかすると自分の祖父母、親が老老介護をしているケースなのかもしれないですね。もし目の前で起きたら大変なことって何だろうって想像したときに、先ほどの末期癌の話は非常に参考になりました。そこで今後私たちが老いていくにあたって何を準備しなければならないか、についても島田先生のお考えを聞かせていただけますか。

島田 何を準備するか。まずミドルマネジメントと呼ばれる世代になるまで20歳から20年間強ですよね。「頑張ってきたことってなんですか?」って質問すると、みなさんからはどういう答えが返ってきますかね。
前田 ちょっと宮嶋さんの質問からずれるかもしれないのですが、マネジメントの定義って大事だと思っております。要するに仕事のマネジメントと人生のマネジメントには共通項があると思っているんですね。そのことを深く考える際に、島田先生からみた”マネジメントって何だ“という先ほどのお話がとてもヒントになると感じまして。
島田 はい。
前田 ミドルマネジメントって呼び方ですけれども、“ミドル“という立場、役割とか年齢といったような階層のことを指しているだけで、実は”マネジメント“ということの定義が大事だと思っています。そこで先ほどのお話の「組織と家族のマネジメントには共通するところがあるんだよね」という思考から、いままさに島田先生が考えていらっしゃるマネジメントの要諦というか、“マネジメント”って言葉を聞いたときに島田先生は「こういう風に考える、こういう風に心がけているよ」あるいは「こういう点を大事にしているよ」というメッセージが頂ければ嬉しいですね。

最後に残るのは人格。これだけじゃないですか

島田 なるほど。あー、それはちゃんと答えたいなぁ?。ぼくらマネジメントって言葉を聞くと反応としてはお金のことや、リスクのことに視点がいきがちですよね。だけど先ほどの介護と社長の話のように、きっと本当のマネジメントっていうのは、自分と人の管理なんでしょうね。自分と人の管理の根っこになるのが、(テクニックも大事ですが)人間形成や人格形成というところになるんだと思いますね。
そこがしっかりされていると、『いいマネジメントされてますよね』っていう風に、会社だったら第三者からそういう言い方をされると思うんです。家をマネジメントしているとは言いませんから、『いいお宅ですね』って言われるようになるんじゃないでしょうか。
宮嶋 それは先ほどの僕の質問の答えにもなりますね。
島田 先ほど“いい在宅介護の状態”ってどう思いますかってご質問で、両極お話しましょうって言いました。共通して考えておかなきゃいけないなと思っていることがあって。 全てのもの、経済的なものは0(ゼロ)になること、吹っ飛んでしまうことがあるってことですよね。たとえリスク管理を万全にしたと思っていたとしても。これは健康も同じです。どんなに健康マネジメントしていたとしても、健康って吹っ飛ぶことがあるんですよ。健康が人生の全てじゃないけれども、健康を失うとやはり多くのものを失うんですよ。お金も同じで、お金を失うとかなりのものを失います。唯一失わないとか、何か起きた時に再スタートを考えることができる唯一の財産って、たぶん人格。これだけじゃないですか? 

<IMG_1128

前田 うわぁ、これはもう結論みたいなものですね、いや素晴らしい!!参りました。
島田 だから、人格を磨くことが一番自分が注力すべきことじゃないですか。
宮嶋 もう答えがでましたね(笑)
前田 いやぁ、この答えは嬉しいなぁ。
島田 それからメンタル領域の話にいくわけです。

前田 そうですね!そこに島田先生オリジナルのエッセンスがあると思っているんですよ。島田先生がマネジメントを語るときに人格ってナンだ?愛?それってどう考えるの?って提起するから面白いんですよね。じゃあ具体的に話してみましょうかって人生と向き合う話が、実例から積み重ねられた結果としての言葉になられている。ぼくたちが島田先生とここ数年意気投合というか、共鳴しあっているのもそこが響きあっているからじゃないですか、正直なところ。
宮嶋 人格形成、人間形成、最後はそこしか残らないってお話はすごい共感します。改めて言葉で頂いて、振り返ることができましたた。
島田 あまり固い話にいっちゃうとね(笑)そこには潤滑油が大事で。遊びとかユーモアとか愛嬌だとか。それらも含めた、常に備えたものが正しい人格形成だと思っているんです。哲学だけを話すのではなくて、例えば何もかも物質的なものをぜーんぶ失ったときに時に、為になる話をしてくれる人も大事だけれども、純粋に“ただこいつ面白い!”っていうやつはもう1回登っていけるじゃないですか。
前田 たしかに(笑)そういう人もいますよね(笑)。

島田 「あの人得だよね」っていう人もいるけども。損得の得じゃなくて、本当の徳を積んでるんですよ。
前田 そっちの徳、人徳の徳なんですね。
島田 だと思います。やっぱり人を楽しませる、人を喜ばせるっていう求めるべき人格を手に入れている人ですよね。ここがいまの教育だと欠如していますよね。

宮嶋 実は今日午前中、メンタルヘルス関係の問題があって。メンタル不全で休職したのちに復職したんですが、他の方が新たにメンタル不全を発症してしまったという話なんです。休職期間中って抜けたポジションを守ってくれる人たちがいますよね、組織には。そこにメンタル不全がうつっちゃったというような話なんです。みなさん人格者というか、まじめで人の悪口も言わないような方が多いんですね。
島田 はい。
宮嶋 人格者であるがゆえに、いろんなことを真面目に抱え過ぎてメンタル不全になってしまうというのが、従来型うつ病と言われるパターンだと思っているんですね。特にミドルマネジメントという組織で言えば中間層、上世代からも下世代からも過剰なストレスを抱えやすいこの世代に対してどう人格を形成していくのがいいのか、どう遊びの部分をつくっていったらいいのかということで何かアドバイスがあれば頂きたいです。

島田 さっき話していたユーモアとか愛嬌も含めたものが目指すべき人格形成だってことにしておかないと、うつ病になりやすいんですよね。だって“正しいことを極めることが人格形成だ”ってことにガチガチに定義してしまったら、辛いじゃないですか、遊びの部分がないですもの。そういう決めつけってのも間違った人格形成になりがちですよね。
たとえば自分の子どもは枠に当てはめて育てたいとは思いません。枠に嵌めてうまくいけばいいですが、そうじゃなきゃつぶれる人生設計させているようなもんですよね。


[対談#4]ダイバーシティマネジメントを実践する医療機関へ続く