「介護」と「看護」の違い。そして職場環境-(鼎談)島田潔医師

第3回目の「熱いぜ!ミドルマネジメント」には日本の訪問診療の基礎を作り上げた板橋区役所前診療所院長/医療社団法人平成医師の島田潔医師をお迎えしました。ミドルマネジメントはちょうど介護と仕事のことを考え始める時期でもあり、職場では上下左右からストレスを受けざるを得ません。いまや日本が抱える組織の問題とも重なるこの2つの課題についての鼎談をお楽しみください。

熱いぜ!ミドルマネジメントとはみどり会の冊子企画として生まれた”ミドルマネジメントへエールを送る”をテーマとして毎月開催される対談企画。対談の様子を全文テキスト起こしで掲載しています。(取材、撮影:平世将夫)
島田 潔さんのプロフィール
医師、板橋区役所前診療所院長/医療法人社団 平成医会理事長
帝京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院内科研修医。その後、東京都老人医療センター(現 健康長寿 医療センター)心臓血管疾患集中治療室。「自宅に医療を届ける」ことの重要性を認識し、再入院を予防する「医療部隊」を地域に展開することを目的に1996年「板橋区役所前診療所」を開設。介護保険制度の発足以降はヘルパー事業所やケアマネ事業所、訪問看護ステーション、 通所事業所などの開設運営を手掛け介護保険制度にも精通。2006年、制度化された「在宅療養支援診療所」の名称と届け出要件は島田の考案による。 厚労省の依頼で国際医療福祉大学大学院高橋泰教授と共に制度設計を手掛けたものが採用され、今日の在宅医療の普及と発展に繋がる。 地域在宅医療を手掛ける診療所として全国でも有数の規模を誇る。2013年精神科専門医が企業のメンタルヘルスを全面的にバックアップすることを目的に医療法人社団平成医会を設立。

仕事と親の介護の問題。それと看護

宮嶋邦彦(以下、宮嶋) この「熱いぜ!ミドルマネジメント」対談が対象としているのは「ミドルマネジメント層」の方々でして。想定年齢は島田先生から私くらいの歳。40歳前後?45歳くらいで、職位でいえば中間管理職。もしかして役員一歩手前くらいの方もいらっしゃるかもしれません。プライベートに目を向けてみれば(メディアでもでてきている)親の介護問題が身近に感じ始めているかもしれない。ひょっとすると実際に介護が必要な状態で離職ということが頭をよぎっているかもしれない。仕事と親の介護の問題が顕在化してくる層です。

そこで今までの2回とは趣向をかえて、島田先生は在宅医療の先駆者ですので、超高齢化社会を迎えるにあたっての企業組織の課題、介護離職。また先生が日々訪問診療をされているなかで、ご家族の方とも話をされる機会が多くあると思うのですが、介護に直面されている家族の方、また仕事と介護を両立されている方、これから介護問題に直面するかもしれない方に対するメッセージをいただければ、と考えています。

島田潔(以下、島田) なるほど。えーっとじゃあまず前提のところをお話させてください。いま宮嶋さんが仰った40~45歳くらいの層。この年齢層と介護とのかかわりは、またちょっと年齢が若くなります。

宮嶋 あ、そうなんですか。

IMG_1140
島田 じつはそうなんです。文脈としては40代前半から介護問題が出はじめるといった話になりがちですが、実は40?45歳くらいだとまだ直面はしていないんです。同じ職場の少し上の世代が介護問題に直面していて。間近で見聞きする機会がありますから「介護になるとこうなるんだ!」といった感覚が徐々にでてくる歳なんですよ。
 
宮嶋 あぁ、なるほどですね。

島田 その年齢層だと平均すると親世代は70?75歳くらいですかね。これが例えば三男、四男ですとかなれば、親世代の年齢も80代になるかもしれませんが。ぼくが在宅医療をおこなってきた経験で、40-45歳くらいで介護をかかえている人たちはどういうシチュエーションかといえば、一般的にイメージされる親世代の介護ではないんです。たとえば配偶者の方が疾病を抱えている、難病になったとかいうヘビーな介護に直面されているんです。

前田徹也(以下、前田) うーん。

島田 そうなんですよ。年齢バランスで考えるとおそらく50歳を過ぎたくらいから親の介護に関する課題に直面するんじゃないかと思います。その時に介護離職という言葉がでてくるのだと思いますが、実はそれって介護離職なのか早期退職制度に背中を押されるようなタイミングなのか、ってのは微妙なところです。

宮嶋 たしかに50代になると早期退職制度を利用する方はいらっしゃいますね。ちょうど重なる時期なんですね。

島田 うん、そうなんですよ。選択は他にもでてきます。親の介護がはじまると同時にいま住んでいるところから、親名義の家に入るという選択だったりとかもありますよね。介護そのものをどうするかという重い現実と、早期退職の選択や、同居かつ持ち家に入るといったような自分の選択だったり、そんなこともあるんですよ。でね、40代前後からの夫婦間での介護のようなことが発生したときが、ものすごく深刻になるんです。

宮嶋 たとえばどうなるんですか?

宮嶋邦彦
 
島田 たとえばご夫婦と子供1人という世帯がありますよね。そこで世帯主である旦那さんが癌になってしまったとします。もちろん旦那さんの介護をしたいけれど、癌という病気は先が見えにくいですよね、とくに年齢が若いと。看病のために仕事を辞めてしまったとしたら、万が一があった場合に育児をどうするんだ、ということが頭をかすめます。そりゃそうですよね。そうなると簡単に仕事を辞めるという選択はできないですよ。

宮嶋 たしかにそうですね。

選択肢は会社環境によって左右される

島田 逆にいえば「介護離職」ということはできないんです。そこで 会社が介護休暇制度を実際に利用することができる、実績もあるという理解のある職場だという前提条件があって、はじめて自分が悔いのないご主人や奥さんへの介護ができるんですよね。しかしそうでないときは、葛藤しながらも仕事をせざるを得ない。 というのは万一のことを想像してしまうと残る自分たちの生計を考えないといけないから。

前田 重い選択ですよね。

島田 そうなんです。やっぱりほとんどそれを選択します。で在宅医療になったりするとヘルパーさんに来てもらったりとかが現実的な選択なんじゃないでしょうか。時にはお子さんがお手伝いすることになったりね。

宮嶋 うーーん。

島田 介護保険制度をスタートした平成12年ですね、そもそも要介護認定を受けないと介護保険のサービスは使えないですよね。ヘルパーさんに来てもらうとかのサービス。65歳以上で第1号被保険者になりますから、いわゆる高齢者、介護保険の対象者となります。寝たきりをはじめとして理由の如何を問わず、介護が必要ならばサービスを受けられるんです。

宮嶋 うんうん。

島田 40歳から65歳未満の第2号被保険者とは15の特定疾病、加齢に伴って起きるような病気、たとえばリュウマチとかでなければ介護保険は使えないんです。この特定疾病の中にさっき例であげました癌という病気は入っていなかったんです。それがようやく、平成18年4月のに末期癌というのが入ったんです。それまでは40歳を過ぎて介護保険料も毎月収めているのに、癌の場合介護保険でヘルパーさんを依頼することができなかったんです。
(編集部注: icon-external-link 特定疾病の選定基準の考え方-厚生労働省

前田 となると実費負担するしかないんですね

島田 そうです。実費でやるしかない、という話でした。いまはもう介護保険使えますけどね。でも気持ちとしてね。ご主人、奥さんの面倒をずっとヘルパーさんいに看てもらっているのはちょっと…って感じにもなるじゃないですか。でもね、介護って正確に言えば高齢者の親が例えば寝たきりになったってのは「看病」じゃないんですよ。「介護」なんですよ。

宮嶋 うんうん、確かに。

IMG_1160

島田  家族が癌の場合は「看病」なんですよ。ここをみんな混同していて区分けができていないんです。「介護」と「看病」は明確に違いますよね。家族の病気を看てあげるというね。 あれ?話がミドルマネジメントから外れてきましたけれど、こんな話で大丈夫ですか??

前田 大丈夫です、大丈夫です。

島田 じゃちょっと続けますね。ま、介護問題ってこういうことに直面して、なにを選択するかってのを突きつけられるんです。こういう話になってくると、みどり会さんにも保険商品がありますけれど、保険だとか生活保障的なセーフティーサービスが活きてくるかもしれないですよね。

島田潔

現実は歳をとったときの話より40代で奥さんが、旦那さんが万が一の事態になってしまった。そうなってしまった時の保険のこととは別に、最後の3ヵ月とか半年を家族でどう関わってあげられるのか。そのとき会社はどこまでサポートするかとか。もしかして会社がサポートするケアする。そのための保険というものがいま世の中にあるのか存じ上げていないんですが、たとえば誰かが介護休暇を取得するとき(一人休んでいるわけですから)人の配置を考えなきゃいけない、人材派遣を利用するかもしれませんよね。

前田 そうですね、穴埋めとしての人員再配置は行います。

島田 そういうことを担保する保険商品があったりして。保険商品ってのはあくまで例として挙げているだけですけれど、 とにかく従業員が介護休暇をしっかり取得できること。会社も介護休暇を取得させることができる仕組みをつくっておきたいですね。そうすれば取得する本人も後ろめたさを感じることなく介護休暇を取得しやすくなります。 こういう仕組みと風土を整った会社が出てきたら、まさにミドルマネジメントを支援する仕組みになるのかなぁと例えば思いますね。ちょっと話違うかな(笑)このコーナー主旨と。

宮嶋 いえいえ、とても大事な話です。

島田 でも、現場でみている医者として40~45歳くらいだと、今のたとえ話。確率は低くなるんだけど、あんがい現実にありますよ。難病が発症したという方もいます。もう生活が一変します。この世代は比較的前世代が通ってきたような仕事の仕方、家庭は奥さんに任せながら仕事をするというような人たちが多いんです。そんな人達がこういう介護、看病の問題に直面すると、価値観の件や現実の生活面の課題がかなり深刻なんです。

宮嶋 先ほどでてきたもう少し上の世代、50代の方や定年退職の世代を見ているって話でしたが、ミドルマネジメント層が先々のことを考えたときに、“いまやっておくべき”であるとか、“備えておくべき”ということについて、何か島田先生のいままでのご経験から頂けるアドバイスはありますでしょうか。

島田 これはね。家族、兄弟仲を良くしておくことですね。

宮嶋 あ!そうか。

前田 なるほど、なるほど。

[対談#2]介護に関する選択についてへ続く。