レポート:CLUB-CHROアカデミー「CANTERA」第4期 ~経営と現場をつなぐ戦略人事の基礎講座~第1回開催

戦略人事の基礎講座「CANTERA」第4期が7月25日(木)19:30〜21:30よりスタート!月末近い時期にも関わらず、申込者ほぼ全員が定刻に到着し、講座がはじまりました。

CANTERA参加にもとめるもの

今回の参加された関心を伺うと--

「現場から言われたまま採用するのではなく、経営と現場に深く入り込んだ上で『なぜ人を増やす必要があるのか』を考えていきたい。人事として会社の成長に貢献するヒントをもられると思い参加しました」

「人事経験が少ないため、原則を学び自分の判断軸を作りたかった。またほかの人事の方とのコミュニティが作りたいと思った」「人事全般の基礎やフレームを学びたいと思い、参加しました」等々。

人事ネットワークへの期待は多くの人に共通しているようで、開始前、終了後に名刺交換する風景があちこちで見られました。共通の知人の話が出たり、キャリアの共通点があったり。講座中のディスカッションも、相互交流を深める大きな機会となっています。

CHRO的思考の補助線

たとえば今回は「各社の3年後の売上予測や従業員規模を話し、その中の1社をケースに必要な人事の検討項目を出す」というワークを短時間で行いました。まずはどれだけ網羅的に考えられるかどうか。また、目先の課題にとらわれすぎずに、将来課題に対する視点を持てるかどうか。他社人事の考え方を聞く機会にもなり、刺激を感じられた方が多かったようです。

後半のディスカッションも、他社の事例から考えさせられるシーンがいくつかありました。

たとえば「フリーアドレス」を導入したものの、社内コミュニケーションに課題を感じていると、ある方が話してくれました。小さなコミュニケーションの積み重ねのような、本質的に必要なことにどれだけアンテナを立てておけるか。メンバーそれぞれの経験を共有することで学ぶことは本当にたくさんあります。

初回はまず、時代を俯瞰し、企業の成長ステージを知り、CHROの概論を押さえました。

次回からは各論へ――より具体的なディスカッションも増やしていく予定です。

CANTERA第4期へのご参加はこちらから。