【レポート】CLUB-CHROアカデミー「CANTERA」第1期のまとめ

2017年9月から5回シリーズで開催したCLUB-CHROアカデミー「CANTERA」第1期は、毎回20人ほどの参加者にお越しいただき、盛り上がって終了しました。第1期は毎週木曜の18:30~20:30開催、第2期は同様の内容で19:30~の開催に変更して行う予定です。

CANTERAのカリキュラム

開催 テーマ
第1回 「戦略人事」概論:成長に貢献する人事のあり方
「採用市場」概論:ベンチャー企業を取り巻く採用動向を把握する
第2回 経営と人事:環境変化を認識して人事ポリシーを考える
第3回 組織を知る:組織のメカニズムを知り、人事戦略を考える
第4回 リーダーを知る:リーダーシップ・キャリア論を知り、リーダー育成を考える
第5回 人の成長を知る:動機づけ理論などを知り、個の能力と集団の力が発揮される人事を考える

 CHROの基礎講座として、人事・組織づくりの基礎を押さえるこの講座。プログラムは講義とグループ討議を繰り返して進行するスタイルです。

・時代の潮流と「今」を押さえる(人事の思想、組織形態、キャリア論の変遷など)
・理論を押さえ、実践を想定して議論する(企業の成長ステージなど現場実態を押さえる)
・各社の事例、事象を共有して相互ヒントを得る

といった内容を毎回2時間でまなびます。各回とも、ディスカッションでは時間を区切るのをためらわれるほどの盛り上がりでした。
 
 たとえば第3回目のグループ討議ではある組織をケースに、挙げられている組織課題に対する施策案をグループ討議しました。やはりグループごとに出される提案は少しずつ異なりますので、それぞれの議論の過程を話してもらうだけでもヒントが得られます。

「ディスカッションで周りの方、他チームがどう解釈するか聞けたことがとてもためになったので、社内でも共有したいと思いました。事例で出てくる話が自社に重なり、今後自社での対策でいかせそうです。」といったコメントをこの回のアンケートでは頂きました。

最終回の第5回では動機づけに関する理論や事例、またFFS理論を体感するワークをおこないました。それぞれの人の強みを生かした組織づくりを進めていくうえで、FFS理論が参考になるとの意見を複数いただきましたが、こうしたツールも活用しながら、組織の根本にある「人」への理解はぜひ深めていきたいものです。

CANTERAにご参加いただいたかたからの声

・社内の組織をまさにつくっている段階なので、必要な要素が何かという点の基礎を学びました。
・他社の方と議論をしながら人事戦略を考えることができたことで、実務にいかせそうです。
・特に「組織を知り、人事戦略を考える」を扱った回が、他社の方の戦略の考え方を知ることができ、参考になり、実務にいかせそうと思います。
などのご意見をご参加者のかたからいただいています。

 
また 「どの程度他の人にお薦めしたいですか?」というアンケートは10段階評価で平均8.9 をいただきました。 参加者同士、採用、人事施策、組織づくり施策などで同じような課題をもつ方も多く、相互の情報交換もできる場として今後もネットワークが続きそうです。

 第2期は2月から開催します。またあらたな出会いとネットワークができる場になれば――皆様のお越しをお待ちしています!