第2回目のCANTERAで時代の流れと人事を取り巻く流れ。企業ビジョンと組織風土の関係を学びました。

「経営と現場をつなぐ戦略人事基礎講座」と題して始めた日本初のCHRO養成講座CANTERA(カンテラ)。第1期は、全5回シリーズで開催いたします。前回第1回目は概論をおさえ、第2回目からは各論を押さえていくプログラムとなっています。日本初のCHRO育成ーーどんな様子でおこなわれているのか、第2回目の場をレポートします!

会場は、第2回目から、中央区神田にある次世代出世ビルBirthセミナー会場で開催いたします。最寄り駅は淡路町駅・小川町駅・大手町駅・神田駅などから徒歩でお越しいただける場所です。それぞれの駅から少し歩きますが、大通りを一本入ったビル街のところに神田高木ビルがあります。その7階が入り口です。

セミナー会場

冒頭はイントロダクションと前回の振り返りから入ります。進行兼講師としての堀尾司(CLUB-CHROプロデューサー/株式会社AllDeal代表取締役CEO)と、CANTERAシニアアドバイザーの山崎がダブル登壇をしています。

第2回目の今回の本編は、前半で時代の流れ/人事を取り巻く流れを押さえ、後半ではビジョンと組織風土について解説しました。各業界、各社の事情で人事の判断軸や注力点は異なっていきます。
CANTERAでお伝えすることは、

  1. 「参考として一般的な考え方を押さえる」ために組織や人に関する理論を紹介する部分
  2. 「こういう事例があるけれども、あなたの会社ではどう?」と考える情報提供部分
  3. 「これがポイント」と、実践に必要な観点を提供する部分

と大きく3種類があります。さらに情報を聴講する座学だけではなく、講義の合間にディスカッションをはさんでいます。ここで自社の状況を話してもらったり、事例を聞いて感じたことを披露してもらったりとコミュニケーションをはかります。今回は「自社の強み」を出して自己紹介とともに共有する時間や、「自社でよくつかわれている言葉=“社内方言”」について出し合い、組織風土を振り返るディスカッションをおこないました。

CANTERAシニアパートナー山崎氏

終了後には参加者同士での名刺交換も活発におこなわれています。終了後のアンケートでは

「普段あまり意識していなかったことに気づいた」とか
「自社での運用がまだイメージできていないが、回を重ねて考えを進めてみたい」

といった感想をいただくとともに、

「参加者同士の情報交換ができるのがよい」

という声もいただいています。参加者相互で実践知を交換でき、交流が生まれていく機会としても、今後発展していけたらと思っています。

CANTERの様子 

日本初のCHRO養成講座:CANTERAへ参加しませんか
日本初のCHRO講座CANTERA。「こういう世界をつくりたい」「こういうサービスをもって世に貢献したい」という会社のビジョンを実現するために、個人、組織、事業と多面的に目を配りながら行動・判断できる戦略人事を本講座でぜひマスターしませんか。
参加はこちらのサイトからお申し込みください。

 icon-arrow-circle-right CANTERAへのご応募はこちらから