M&A支援の株式会社AllDealと業務提携をおこないました

 
このたびCLUB-CHRO(運営:株式会社ワークスエンターテイメント)は、M&A実施後の人と組織の融合や、M&A前の組織のサポート、といった領域を支援するために、M&A支援を展開する株式会社AllDealと業務提携をおこないました。

具体的には2社共同でのセミナー・イベントの開催をはじめ、両社の顧客がもつ課題を解決するためのビジネスソリューションを「人の成長こそが企業価値向上の源泉である」を視野として互いのソリューションを組み合わせながら、全面的に支援できるサービスを展開していく予定です。

業務提携の背景について

事業継承や事業拡大のための手法のひとつとして活用されることが多いM&A戦略。少子高齢化社会において、企業を継続・発展させていくためには、これまで以上にM&A戦略が重要になってきます。ベンチャー企業の経営者が成長戦略の一環として企業買収、あるいは事業売却の意思決定をするとき、まず財務や会計、法律の専門家の助言を求めることが一般的です。しかしそこから得られる数字やデータからの合理的な判断だけではM&Aは成功し難いのが現実です。

にも関わらず人事デューデリジェンスは後回しになり、組織融合や企業文化の統合は偶発的な成否を待つか、カリスマ的リーダーの出現を期待しているのが実際ではないでしょうか。

今回、株式会社AllDealとの業務提携をおこなうに至ったのは、 企業・組織は人によって構成され、一人ひとりが経営者や事業責任者、一社員などそれぞれの立場で日々多くの意思決定を行うことで事業は推進されていることを理解し、またその経験もし、他方からさまざまな事例をみてきたメンバーが集まっている からです。

企業合併、吸収をともなうM&Aの成否を決定づけるには、人・組織の統合戦略を早期に作り上げ、それぞれの組織が持つ感情を見極めながら戦略的に取り組んでいく必要があります。今回の業務提携により、「それぞれがそれぞれに応じた最適な環境の創造」を創業来標榜してきた株式会社ワークスエンターテイメントと、「企業価値向上という目的に対し、経営・マネジメントの経験とそこで培った知識を共有し、共により良い未来を想い描き良質な意思決定を支援する」ことを目指す株式会社AllDealの、それぞれの経験・知識・スキルを共有しあうことで、よりはばひろい企業と業界に対して課題解決を提案できることを目指しています。

より詳しいプレスリリースはこちらをご覧ください。
https://www.value-press.com/pressrelease/191081