CLUB-CHROのエグゼクティブ・アドバイザーに須東朋広氏(多摩大学大学院 経営情報学研究科 客員教授)が就任しました。

このたび、 一般社団法人組織内サイレントマイノリティ 代表理事、多摩大学大学院 経営情報学研究科 客員教授をされている須東朋広さんにCLUB-CHROのエグゼクティブ・アドバイザーに就任いただくこととなりました。

須東さんは人事部門のあり方、過去CHO協会に立ち上げにも従事され、CHO/CHROのあり方などに長年取り組まれており、講演や雑誌寄稿なども多数お持ちです。

ご依頼に伺った打ち合わせでは、須東さんのこれまでのご経験やご持論を伺いました。同席したのは前田・堀尾。自分たちが経験してきた組織内での出来事を照らし合わせながら、話が盛り上がりました。

企業が成長するなかで基幹事業から事業ドメインがどんどん広がっていくことがあります。そのときに、経営者のメッセージが届く範囲が限られてくる可能性もあります。経営者が思っていることを論理化し、それを具現化していく役割が人事にはあると須東さんは話します。同時にCHROのような責任者立場の人が、覚悟を持って人づくり・組織づくりに向かうかどうかが、結果を大きく左右するという話も出ました。

また「攻め型人事」という言葉もありますが、CHRO自身が考える「やりたいこと」「なすべきこと」をしっかり経営者サイドに具申し、理解を形成しながら必要もあるといいます。経営者側の理解・期待・信頼が大きくなることで、任せられる幅も大きくなっていきます。

人事は「変数」の多い仕事です。かつ、成長期フェーズの企業は取り巻く環境の変化が大きなものがあります。その中で本質的に大事なことは――という点について、須東さんからは、「ビジネスマインドを持った人がビジネスをつくっていける組織」づくりを進めるCHROの役割についても言及がありました。

その役割を進めるうえでは、直面する困難や迷いも生じるかもしれません。CLUB-CHROでは課題ご支援の様々な機会を設けています。今後、CHROの発展に貢献された第一人者である須東さんを、エグゼクティブ・アドバイザーとしてお迎えしたことで、より多くの機会づくり・情報提供を進めていきますので、是非ご期待ください。

Maeda_Sudo