採用代行・採用コンサルティング(RPO) に対する考え方を島田修三さん(株式会社AllDeal)に伺いました

株式会社AllDealでおもに採用代行・採用コンサルティング(RPO) サービスを担当されている島田修三さん。おおくの企業が「いい採用」を突き詰めていくと、「わが社は何を目指すので、どのような人材をそろえていきたいか」という大きな問いに立ち戻ることになります。なかなか希望する人材と出会えない現状もある今の採用市場。島田さんが採用代行を中心とする企業支援をしていくなかで、なぜ企業は自社の問題なのに採用代行を活用するのか、そのようなプロジェクトの時に何を考えて関わっているのか、話してもらいました。

第三者視点が新しい突破口になることもある

 いまの仕事を始めて半年程度。「仕事というより環境が楽しい」と現状を話します。まったく経験がなかったHR領域で、資料の作り込みから営業活動、そして採用代行として実務を担ったり、時にクライアント企業とディスカッションしたり。自身の意見を言うことが求められることも多くあります。
 
「実は新卒で入った会社がその後買収されまして、働く環境も結構変わったんです。個人的には違う文化に慣れることが精いっぱいで、変に気を遣ってしまっていた時期もあるのですが、組織の中の『当たり前』が通用しないこともあることに気づかされました。」新卒1年目で起こった出来事は、会社の文化や仕組みの変化について、いやでも考えさせられる機会だったと言います。

今携わっている仕事は、クライアント会社の採用を支援する活動がメイン。「採用って自社に必要な人を選ぶ大事な活動ですが、実は第三者が入る意味もあるんです。」と話すのは、営業マインドからの発言だけではない。
 
「自分の1年目の経験からしても、 社内の人では当たり前すぎて気づかないことが、外部の人から見ると新鮮だったり問題だったりすることがあると思うんです 。買収の時には、どうしても買収先の文化に合わせていく必要が出るので、戸惑いやギャップが生じがちです。ただ普通の会社でも外からみると『この仕組みすごい』と思うことや『もっとうまくできるのに』と思う部分があるはずで。なににつけ、従来のやり方で伸び悩む時には外部の人と話すことが有効な場合もあるのではないでしょうか。」

「会社の歴史も影響しますね。私が働いている今の会社は創業間もないし人数も少ないので、組織文化はまだこれから。常に最適なやり方を探そうというマインドが共通認識になっているので、『もっとこうできないかなぁ』という問いかけが頻繁に聞かれます。問いかけがあると考えるので、自分自身も『よりよいやり方』『目的に合った選択』を考えるクセがついてきたような気がしています。」

採用代行の効果は目的から握ること

 島田さんの主たる業務は企業に対するヒューマンリソースの支援、特に多くの時間を割くのが採用代行です。クライアント企業の人材像、課題の聞き出し、応募者との面談、相談まで、お客様と一緒に汗をかきながら実行します。

「採用代行業務のやり方は会社それぞれで、お客様側が必要に応じて活用していただくものだと思っています。採用はどうしても業務の波がありますので、繁忙時に外部リソースを使って効率よく目的を達成していくのも一つの活用方法です。一方、弊社に来るご相談は、必ずしもリソース面のカバーだけではなりません。
 …応募者は一定数来るけれども、採用したい層からの応募が少ない
 …これまでと同じやり方をしていたら、だんだん応募数が少なくなってきた
 …中期経営計画と連動した採用計画をどのように立てたらよいか迷っている
など、これまでのやり方で課題が生じた場合にご相談いただくことがあります。採用も常にアンテナをたてて戦略面から考えないと、結果が出しづらい市場環境になってきています。」

「あるお客さまは、自社に雰囲気があう、似たような人ばかりを採用しがちになったので、第三者視点を活かそうと弊社にご相談を頂きました。その会社の中期戦略から考えると、必要人材はどういう人なのか。それを活かせる組織になっているか。そこから一緒に議論して採用戦略をたてていきます。」

「当初は『お客様の意向にあわせて募集・面接支援したらいいんじゃないか』と思っていたのですが、それだと『目標』は到達できても『目的』を達成する採用がしきれないんです。いろんなお客様との経験を積む中で弊社自体のノウハウも蓄積され、採用代行というより課題解決に関わるというスタンスが今は強くなっています。」

「進みたい道」を合致させる役割

「転職を希望されている同世代のかたと話す機会もあります。共通しているなぁーと感じるのは、辞める理由を自分自身がきちんと突きつめて考えている人は、これからの進むべき道を自分自身でしっかりと見据えているんだなってことですかね。そのなかでこれまでの経験もちゃんと咀嚼しているから、辞める会社に対して『ありがたい』と口をそろえて言うんです。反対に辞める理由を突きつめていない人は、他責にしちゃう傾向があります。あらたな環境で活躍できる人は、スキルだけじゃなくマインドの持ち方が大事。自分自身の経験からもそう思います。」
という話も伺いましたが、自分自身で選択して進んでいる人こそ、自分が求められている場所に敏感に反応します。

「こういう世界をつくっていきたいから、この場所で活躍してほしい」という話ができるかどうか。それも採用戦略をお客様と整理するから、自分自身の言葉で伝えられるようになると言います。

「人を1人採用するというのは、企業にとっても応募者にとっても重い選択。意思を持って進む道をつくろうとしている人と、活躍して欲しい場を準備している企業側とがしっかり出会える場を今後もつくっていきたいですね。」